筋トレをやりすぎると身長が伸びなくなるということをよく耳にすると思います。

本当に筋トレをやりすぎると身長が伸びなくなるのでしょうか?

筋トレと身長が伸びないは関係ない!

結論から先に言いますと、筋トレと身長に因果関係はありません。医学的根拠もないです。

どうしてこのような噂が立っているのでしょうか?
これはイメージによるものだと思います。

左手スマイル

筋トレして筋肉モリモリの姿を想像すると、筋肉に抑え込まれて身長の伸びを阻害してしまいそうですよね?

このイメージが
「筋トレ=身長が伸びない」
を連想させているようです。

実は筋肉が多い状態というのは、血流が多くなるということであり細胞の働きを活性化させてくれます。

そのため、筋肉の発達が身長を抑え込むというネガティブな要因は1つも見当たりません。

なので、部活動や習い事をしているお子様たちは気にせずに筋トレしてOKです!

バスケットボールやバレーボールは身長を伸ばしやすい?


バスケットボールやバレーボールをやると身長が伸びやすいというイメージがありますが、これって本当なのでしょうか?

両手スマイル

これはあくまでイメージです。

バスケットボールやバレーボールでは身長が高い方が有利な場合が多く、身長が高い方がレギュラーになりやすいですよね?

そのため、身長が高い人の方が試合経験が豊富になり、結果的に続けている人が多く、逆に身長が低い人はやめてしまう場合が多いということです。

バスケットボールやバレーボールをやったから身長が高くなるわけではなく、身長が高い人が継続しているというだけです。

また、剣道やアメフトなど重い防具をつけるスポーツは身長が縮むというイメージが強いようです。先ほど説明した筋肉モリモリの人が身長の伸びを阻害しているイメージと同じような感じですね。

これも完全に誤解です。

剣道やアメフトの選手でも身長が高い人がいます。身長というのは、基本的に夜寝ているときが一番伸びます。

そのため、昼間取り組んでいるスポーツが身長の伸びに影響するということはありません。

 

適切な運動で成長ホルモンの分泌を促す!

子供の身長を高くすることを考えると、適切な運動をするのは効果的です。

基本的に身長を高くする作用のある成長ホルモンは、睡眠中に一番多く分泌されます。その次に多く分泌されるのは運動後です。

そのため、適切な運動をすることで成長ホルモンの分泌を促して身長を伸ばすことができるのです。

また、適切な運動はストレスを解消し、食欲もわき、自然な睡眠へと導いてくれるので子供の身長の伸びに非常に大切なことです。

 

まとめ

筋トレやスポーツと身長の伸びの関係性について解説してきました。

  • 筋トレと身長の伸びに因果関係はない
  • スポーツの種類と身長の伸びは無関係
  • 適切な運動が成長ホルモンの分泌を促す

子供にとってスポーツは非常に大切です。

お子様が夢中になれるスポーツを見つけて、楽しみながら成長できると良いですね!