よく身長は遺伝だって言いますよね?
両親の身長が低い子供は、身長が高くなることはできないのでしょうか?

身長の遺伝の影響は約80%!

子供の身長の遺伝の影響は約80%と言われており、両親の身長が影響しているのは確かです。

ただ、残りの20%は遺伝以外の要因で決まるので、両親の身長が低いからと言って諦めるのはまだ早いです。

両手スマイル

この20%を多いと考えるか、20%しかないと考えるかでお子様の身長は大きく変わってくると思います!

子供の身長を予測する計算式

身長のことを調べている方なら見たことがあるかもしれませんが、両親の身長を使って、子供の将来の身長を予測式というものがあります。

男の子:(父の身長+母の身長+13.0)÷2±9
女の子:(父の身長+母の身長-13.0)÷2±8

こちらの式はあくまで目安ですが、男の子なら-9cmから+9cmと18cmの幅があり、女の子の場合は16cmも幅があります。

これが遺伝以外の要因によって差がでる部分です。

だから世の中には、両親は身長が低いのに子供はかなり高身長、両親は身長が高いのに子供は低身長、兄弟で身長が全然違うということが起こるのです。

 

遺伝のみでは決まらない身長

先ほど説明した通り、両親の身長というのはお子様の身長の目安にはなります。

ですが、確実性のあるものではなく、今後の生活習慣や環境によって大きく変化する可能性を秘めています。

特に「睡眠」「栄養」「運動」は身長を高くするための大切な要素です。これらを高めるように日々過ごすことで、両親の身長を超えることは十分に可能です。

また、スポーツによっては身長が高い方が有利という種目があります。両親の身長が低いから自分も身長が高くならないということで、好きなスポーツの夢を諦めてしまうお子様もいるようです。

左手スマイル

身長は遺伝のみでは決まらないので、お父様お母様が寄り添って身長が高くなる要素を高めるような生活を送って下さい。

お子様の夢を応援してあげましょう!