身長を高くするためには「睡眠」「栄養」「運動」のバランスが大切と言われていますが、それよりも気をつけなければいけないことがあります。

それは「ストレス」です。

もし、あなたのお子様の身長が伸び悩んでいるとしたら、その原因はストレスかもしれません!

身長が伸びない原因はストレス!?あなたのお子様は大丈夫?

身長に伸び悩む原因は、

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 栄養バランスの悪い食事

などが考えられます。

ところが、最近の子供にはもっと気をつけなければいけないものがあります。

それが「ストレス」です。

うでくみ

子供が「ストレス?」と思うかもしれませんが、最近の子どもたちが置かれている環境は、昔と比べると遥かにストレス社会です。

お子様のストレスが溜まっていないかどうか、普段から気にかけるようにしましょう!

 

なぜストレスが身長の伸びの妨げになるの?

ストレスがあると、夜なかなか眠れなかったり、酷い場合だと胃が痛くなるなど体調を崩してしまうほど強烈です。

ストレスにより代謝がうまくいかないと、せっかく栄養バランスの良い食事を食べたとしても成長ホルモンの分泌が減少してしまいます。

また、成長ホルモンは寝ている時が一番分泌されます。

ところが、ストレスが原因でなかなか眠れなかったり、睡眠の質が落ちてしまうと成長ホルモンの分泌量が少なくなってしまいます。

 

ストレスの原因を見つけ対処を!

子供がストレスを抱える原因として考えられるのは、

  • 学校のお友達関係
  • 勉強についていけない
  • 塾や習い事など忙しい過ぎる
  • 病気のストレス(アトピーなど)

などが考えられます。

むねあて

常日頃子供の様子を観察し、ストレスが溜まっていないかチェックしてみて下さい。

また、子供と一緒にゆっくりお話しましょう。お話することで学校の様子や勉強の様子などストレスの有無を確認できると思います。

もし、ストレスが溜まっっているようなら、そのストレスを取り除いてあげましょう!